1. 無料アクセス解析
>
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日本酒

酒蔵体験ツアー その2

 さて宿に帰って、待ってました西田社長を囲んでの大宴会!

photo16.jpg

料理もとても美味しくて大満足!

何といっても酒!!最初から最後まで田酒!!

贅沢すぎです。

その後、もろもろいろんな事件、サプライズもありましたがここでは書くのを控えます(笑)

さて、一夜明け次の日に向かったのは、岩手県二戸市にある南部美人の久慈酒造さん。

DSC02759.jpg DSC02760.jpg

蔵の中に入るとまず、仕込みに使われる井戸がありました。

酒は仕込み水によって味が大きく左右されるそうです。

DSC02770.jpg

酒母室を見せていただきました。

醪(もろみ)を仕込む前に、優良酵母を大量に増殖させたお酒の種を酒母(しゅぼ)または、酛(もと)とも言います。


 
P1000433.jpgP1000434.jpg

同じ時期に仕込んだ酒母。酵母の違いで表面のブクブクも香りもぜんぜん違います。


photo28_20090302193137.jpg

醪を見学。あと何日かして、これを搾ると南部美人になるのです。

幸せになる香りが立ち込めていました。

photo30.jpg

蔵人がケンカ酒と呼ぶ、品評会に出品するしぼりたてのお酒をいただいちゃいましたw

なんとも言えない香り!他では味わえないんだろうなぁ~


今回、二つの蔵を見学して思ったことは、酒造りは想像以上に労力のかかる仕事で、

妥協を許さない蔵人たちの情熱の一滴一滴の集合体だということ。

我々がいつも美味しくお酒を飲めるのは、そんな蔵人たちや酒米を作る農家の人達のおかげである事を強く感じました。

米作りから酒造りまでの手間暇を想像しながら酒を飲むと、またいちだんと美味しく感じるかもしれません。

一関に帰ったあと、知り合いの蔵人と焼肉屋でホルモン祭をしましたw

photo33.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://washu1mond.blog33.fc2.com/tb.php/45-58338a54

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。